銀行クレジットカードは個人事業なら難しい

銀行系クレジットカードは個人事業であれば諦めたほうがいい

銀行のクレジットカードというのを持っている人はいるでしょうか。新入社員として就職した時に作った、という人も結構多いみたいです。銀行のクレジットカードも銀行口座を持ったついでに作るというようなキャンペーンを行なっているようで、新入社員の多くはクレジットカードとキャッシュカードを同時に持つということも多々あるそうです。ただ、こうやって考えたら「新入社員でも作れるんでから、きっと銀行のクレジットカードはだれでも持てるんだろうな」と思うかもしれませんが、おそらくクレジットカードの中では審査が厳しい方に入ります。

なぜそのようなことになっているかというと、実は銀行のクレジットカードというのは職についているかどうか、つまり定期的な収入があってサラリーマンや公務員のように安定しているかどうかを見ています。いかに起業してお金持ちになった人でも、作ることが出来なかったりします。すごく有名な人がクレジットカードを作るのに苦労した、という話もあるくらいです。

特に話で多いのはフリーランスや個人事業主として働いている人たちです。こういった銀行系のクレジットカードが個人事業主やフリーランスの人は作ることが出来ないと言われています。収入が多かったりしてもあまり関係がなく、サラリーマンや公務員でないということが大きなハードルになっているようです。

個人事業をされている人たちであれば、もうここは銀行のクレジットカードというのは諦めてしまうのがいいでしょう。最近では銀行系のものよりも圧倒的にいいサービスがついているものや、年会費無料でポイントがたくさん貯まるようなクレジットカードもありますし、移動の際や出張の際に保険がついているようなクレジットカードもあります。そういったビジネスに役立つカードを使うほうが無理に審査に通ろうとするよりもいいと思います。無理に審査に通ろうとすると、無駄な努力に終わる可能性もありますから。

今はノマド等と言われてフリーランスになる若い人たちが増えているようですが、フリーになったらもうクレジットカードは銀行のものは使えないと思っておいたほうがいいでしょう。